夏の旬紹介

 
 

夏の旬紹介

夏の旬紹介
 
夏の旬一番最初の紹介は、白いとうもろこしのピュアホワイトです。
生でも食べられる甘くておいしいとうもろこしです。
ピュアホワイトには、普通のとうもろこしよりもビタミンB1ビタミンB2ビタミンEを多く含んでいるため、むくみ解消や動脈硬化の予防などに有効ですが、少々カロリーが高めなためダイエット中の方は食べ過ぎに注意してください。
 
新じゃがは初夏(5月~6月)ごろから出回り始めます。
皮が薄くて柔らかく、とてもおいしいですよ。
じゃがいもは、皮付きのまま調理すると栄養素が逃げるのを最小限にとどめます。
皮には食物繊維が豊富に入っているため、丸ごと食べるとよいといわれています。
新じゃがは栄養素をとる際にもとても最適なじゃがいも、ということですね。
 
トキシラズ
時鮭と書いてトキシラズと呼ばれるシロザケのことです。
本来秋に収穫される鮭ですが、このトキシラズは春から夏にかけて収穫されるため時知らずという意味からこう呼ばれるようになりました。
卵巣、精巣が発達していないため筋子や白子は取れませんが身に脂がしっかり乗っていて大変美味です。
以前テレビ番組【どっちの料理ショー】にて厳選素材として取り上げられたほどの食材です。
 
函館で獲れるがごめ昆布には、フコイダンが多量に含まれています。
産地や種類によって粘り気にも違いがあり、より粘りの強いものがいいがごめ昆布といえます。
朝市で取り扱っているがごめ昆布は函館周辺でとれたいいものが揃っています。
お土産にも大変喜ばれる商品なのでおひとついかがでしょうか?
場内で売られているがごめ昆布には板の物から、粉末状や粗挽きになったもの等加工されたものも売られています。
   

 
情報は順次追加していきます。
これを紹介してほしい!というものがありましたらメールフォームより希望を送ってください。
渡島蔬菜農業協同組合
〒040-0063
北海道函館市若松町9番22号
TEL.0138-23-5185
FAX.0138-23-5187
 
<<渡島蔬菜農業協同組合>> 〒040-0063 北海道函館市若松町9番22号 TEL:0138-23-5185 FAX:0138-23-5187